本文へ移動

法人案内

当法人について

法人概要

法人沿革

設立の経過と趣旨

 昭和56年(1981年)、国連による国際障害者年は「障がい者は普通の市民であり、障がい者や高齢者を締め出す社会は弱くて脆い社会である」とし、障がい者の社会での「完全参加と平等」をテーマに障がい問題を地球規模で解決すべき課題としました。 国はもとより大阪府、豊中市においても「障害者長期行動計画」が策定され、障がい者問題は、すべての人々の幸福につながる国民的な課題であるとして、様々な取り組みがなされ大きく前進しました。が、昭和60年(1985年)、豊中市立知的障害者通所更生施設みのり園では入所期間の満了者が、退園後の、社会参加、日中活動の行き場がなく在宅を余儀なくされた時、卒園者の保護者が一致団結協力し、地域社会で当たり前に活動し生活できる場をとの切実な願いの結晶として、幾多の困難な末、豊中市本町の地に豊中市障害者簡易通所授産所「のぞみ園」が開設され、今日の基礎が築かれました。平成13年(2001年)には念願の社会福祉法人となり、法人定款第1条目的では、「この法人は、多様な福祉サービスが、利用者の意向を尊重して総合的に提供され…、利用者が個人の尊厳を保持しつつ、自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援する。」と謳っています。運営規程では「利用者の意思及び人格を尊重して、常に利用者の立場に立った、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営めるよう適切な介護、創作的活動、生産活動の機会の提供等を行う」としています。 のぞみ園・のぞみ荘の事業実施にあっては法人の目的(理念)、運営方針を基本としながら、障害者総合支援法に基づく指定障害福祉サービス事業所として、「安心・安全・信頼の介護と支援」をモットーに常に利用者の立場に立った地域社会に根ざした適切で魅力的なサービスの提供に努めてまいります。

豊中のぞみ会組織図・役員

社会福祉法人豊中のぞみ会

理事長 大矢寛治

理事:6名 評議員:7名 監事:2名

豊中のぞみ会後援会

会長 大矢寛治(代理) 顧問 浜村淳

理事:5名 会計:1名 監事:1名

お問い合わせフォームへのリンク

社会福祉法人 豊中のぞみ会
〒560-0032
大阪府豊中市蛍池東町1-1-10

TEL:06-6843-6666
FAX:06-6845-5327

2020年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
TOPへ戻る